運び屋 (A carrier(forwarder) changed his career to an engineer)

Network / Cloud Native / Kubernetes / コンテナー / SRE / DevOps

SRE / DevOps / Kubernetes Weekly Reportまとめ#22(6/28~7/3)

この記事は2020/6/28~7/3に発行された下記3つのWeekly Reportを読み、備忘録兼リンク集として残したものです。

  • 誰かの情報源や検索工数削減などになれば幸いです。
DEVOPS WEEKLY ISSUE #496 June 28th, 2020
SRE Weekly Issue #225 June 28th, 2020
KubeWeekly #223 July 2nd, 2020

English Version of this blow is here.

  • この記事を読んで疑問点や不明点があれば、URLから本文をご確認の上、ご指摘頂ければ幸いです。
  • 理解が浅いジャンルも、とにかくコメントする様にしていますので、私の勘違いや説明不足による誤解も多々あろうかと思います。
  • 情報量が多いので文字とリンクだけに絞っております。
  • 各レポートで取り上げられている記事には2019年以前のものもあり、必ずしも最新のものという訳ではない様です。

DEVOPS WEEKLY ISSUE #496 June 28th, 2020

News

Multi-cloud, whereby organisations either by design or simply scale, use multiple cloud providers, is likely to continue growing, This posts looks ahead at what that might mean for the software (and service) stack we use to build applications.
  • タイトルは「The coming SMOKEstack: rethinking and retooling “multi-cloud”」。
  • Redmonk社(開発者にフォーカスした業界分析会社)による、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの現状を分析し、SMOKEstackを解説している記事。
  • SMOKEstackは以下の略、Mark Hinkle氏が提案。サーバーレスコミュニティーの「Serviceful」アプローチを調べていた筆者が発見して取り上げている。
    • Serviceful
    • Mashable
    • Open
    • K(C)composable
    • Event-driven
A good introduction to Open Policy Agent, based on notes taken by a new user.
  • タイトルは「First look to OPA(Open Policy Agent)」。
  • OPAの概要、デモ、ポリシーの書き方、OPAの使い方を解説している記事。
A post making the case for adding security testing to your CI pipeline, with a discussion of different types of security testing.
  • タイトルは「Why Doesn’t Your CI Pipeline Have Security Bug Testing?」。
  • 「現在のAppSecモデルは壊れている」として、問題提起をし、ビルドごとにアプリのセキュリティーテストを実行するメリットと、始める方法を解説している記事。
A discussion of Serverless adoption and the current barriers to entry, both organisational and technical.
  • タイトルは「For the Love of Serverless: Brian LeRoux of Begin」。
  • サーバーレスのリーダーをゲストに迎えているブログシリーズ。過去に「 thriving community」「rapid upward trajectory」「 heightened accessibility」をテーマにしている。
  • Brian LeRoux氏(CTO and Co-Founder at Begin)をゲストに迎え、業界の競争状態、オンボーディングを改善する機会、そして新しい実験的なJavaScriptランタイムに興奮している理由について触れている記事。
An interesting look at the evolution of a technology stack (in this case for Slack) over the course of several years.
  • タイトルは「Stack History: A Timeline of Slack's Tech Stack Evolution」。
  • タイトル通り、Slack社の技術スタックの進化を時系列に並べて解説している記事。stackshareを使ったことが無かったので、アカウントを作ってみました。各社の技術スタックや、ツールごとのアイデアなどが見れて良さそう。
A good outstage report and investigation into a Casandra cluster issue caused by counter columns.
  • タイトルは「Cassandra counter columns: nice in theory, hazardous in practice」。
  • Ably Realtime」での障害とその対応を通して、 本番環境で大規模にCassandra Countersを使用する際の注意書きをまとめた記事。
  • 「Ably Realtimeは信じられていかようが、信じられていまいが、ギリシャ神話のCassandraとは違い、予言をするビジネスではありません。常に実践が理論通りであると期待するのは、危険な場合があります。ああ、Cassandra counter columnは一度たりとも使用しないでください。」の締めくくりが割と好き。アポロンの怒りがCassandraにありませんように。
A podcast recording, and transcript/notes from a discussion on devops workflows and Kubernetes. Some good points about the importance of knowledge sharing.
  • タイトルは「Nigel Poulton on How Kubernetes Can Make or Break the Devops Workflow」。
  • Semaphore社のPodcast。「The Kubernetes Book: Updated Feb 2020 Kindle Edition」の著者であるNigel Poulton氏をゲストに迎えて、「いかにKubernetesがDevOpsのワークフローを作成、破壊し得るか(拙訳)」をテーマに解説している。
  • 「Kubernetesは複雑性のモンスター」「十分な知識が無いままデプロイを強いられる人々」「Kubernetesは万人向けのものではないと感じているが、そのようにマーケティングされている」「技術が好きでなければKubernetesに付いて行くのはハードでフラストレーションが溜まるでしょう」など、自身がKubernetesが好きで、主に教える側のPoulton氏の視点でトークが繰り広げられている。
A useful paper for anyone running containers. Describing a methodology for penetration testing Docker-based systems.
  • タイトルは「A Methodology for Penetration Testing Docker Systems」。
  • Dockerベースのシステムへのペネトレーションテストの方法を解説しているJoren Vrancken氏の学士論文。Dockerの前提となる知識も整理されており良い。

Jobs

King is looking for new members for the infrastructure engineering teams to help develop, manage and expand our software based networking setup across datacenters and (Google) cloud. Please take a look at the open role for networking engineer. We're also still looking for both database and streaming data engineers, if that is more your style.
  • 引き続きKing社の求人情報。ポストの変動は無さそうです。SREDatabase SRENetwork SREを募集中のようです。

Tools

awsls is a handy utility for listing resources in AWS. Given the huge number of different APIs this should be useful for anyone working regularly with AWS.
Konstraint is a tool for anyone using Open Policy Agent Gatekeeper. It makes it easy to generate ConstrainTemplates from rego policy files, making it easier to use standard Open Policy Agent tooling.
  • Gatekeeper」を使用する際の制約の作成と管理を支援するOSSのCLIツール「Konstraint」のGitHubページ。
KUTTL is a new testing tool for Kubernetes clusters. It’s focused on integration and end-to-end testing of Kubernetes operators

SRE Weekly Issue #225 June 28th, 2020

Articles

Catchpoint’s SRE Report 2020 – The Highlights

This suggests an upcoming shift in our field:

50 percent of SREs believe they will be working remotely post COVID-19, as compared to only 20 percent prior to the pandemic.

Kameerath Kareem — Catchpoint

BONUS CONTENT: An outside take on the survey results is here (Mike Vizard — DevOps.com).

  • Catchpoint社の「SRE Report 2020」を紹介、ポイントをハイライトしている記事。
  • GoogleのSRE本で掲げている「SREチームは、稼働の50%は開発にあてるべき」という指針は、調査結果によると夢物語になっているとのこと。実際は多くが重い運用の活動に占められている。
Even Experts Need Experts

No one person can (or should) know everything. How do we allocate expertise and build connections in order to maximize resilience and adaptive capacity?

Will Gallego

  • 筆者が水回りのトラブルで便利屋さんに修理を依頼した際の出来事から、ソフトウェアエンジニアリングに通じる障害対応の標準化などの考えと疑問を書き残している記事。
Heroku Incident Folow-up: Incident #2038

A new feature was accidentally rolled out to too wide an audience, causing log message loss.

Heroku

  • Heroku社で 2020/06/02 14:34 UTC ~ 2020/06/03 18:42 UTCに発生していた障害のフォローアップ情報。
The impact of slow NFS on data systems

[…] one slow block device can affect the performance of processes even when those processes don’t use the slow block device.

Kalyanasundaram Somasundaram — LinkedIn

  • LinkedIn社のEngineerブログにて、LinkedInの事実上のNoSQLデータベースソリューションであるEspressoでの問題を発見し、解決した話。。
  • ブロックデバイス間の共有ページキャッシュの動作を明らかにし、1つの低速ブロックデバイスが低速ブロックデバイスを使用していない場合でも、プロセスのパフォーマンスにどのように影響するかを発見した。
SRE error budgets and maintenance windows

Should you count scheduled maintenance against your error budget? It depends.

Jesus Climent — Google

  • Google Cloud社のWebページにて、「メンテナンスウィンドウがエラーバジェットにどの様な影響を与えるか - SREのコツ(拙訳)」をテーマに解説している記事。
Cassandra counter columns: nice in theory, hazardous in practice

An investigation in response to three incidents led to this stark conclusion about Cassandra’s “counter columns” feature:

In fact, they don’t appear to have any properties that make them a useful primitive for building predictable distributed systems.

Paddy Byers — Ably

  • 上記のDevOps Weeklyで取り上げているので、割愛します。
How to Be a Financially Conscious Site Reliability Engineer

This article explains why we should have cost data at our fingertips as we design cloud-based systems.

[…] a well-architected system is often a cost-efficient system.

CloudZero

A Shared Pilot-Autopilot Control Architecture for Resilient Flight

This is a new concept to me, and I really like it:

Capacity for maneuver (CfM) is a measure of how much adaptability or room to respond to a new challenge that a given part of the system has, whether a person or autonomous agent.

Amir B. Farjadian, Benjamin Thomsen, Anuradha M. Annaswamy, and David D. Woods (original paper) Thai Wood — Resilience Roundup (summary)

  • タイトルの論文をレジリエンスエンジニアリングの観点からエッセンスを解説している記事。

Outages

An update to our nameservers has been rolled back. We are monitoring recovery.

上記各社の障害情報

KubeWeekly #223 July 2nd

The Headlines

Editor’s pick of the highlights from the past week.

KubeCon + CloudNativeCon North America is Going Virtual + CFP extended!

We have some news – KubeCon + CloudNativeCon North America is going online!

Connecting and collaborating is in the DNA of the open source cloud native community. With over 92,000 contributors to CNCF projects, 11 new sandbox projects, and 30 new members in Q2 (bringing membership to 570 organizations!), KubeCon + CloudNativeCon has been a key place to keep conversations going and continue building cloud native’s momentum. Although we can’t wait for the day we’ll be able to get together in-person, our virtual events are essential in educating and keeping our community thriving.

This also means the CFP has been extended! The deadline to submit a talk is Sunday, July 12 at 11:59 pm PDT. Learn more about the CFP and other event details here. We look forward to bringing the community together soon!

  • KubeCon + CloudNativeCon North Americaがバーチャル開催となった事、CFPの期限が延長されたことを伝えるCNCFの記事。
  • バーチャルイベントを教育、コミュニティーの繁栄には必要不可欠であるとして、コミュニティーのメンバーが集い、開催されることを待ち切れない気持ちを表現している。
KubeCon + CloudNativeCon EU Virtual Session Spotlight

The countdown to KubeCon + CloudNativeCon EU Virtual on August 17-20, 2020 is on! As we approach the event, we curated a few recommended sessions that we don’t want you to miss. Please see the feature for this week and be sure to register today!

The Beginners Guide to the CNCF TOC

Presented by: Liz Rice, VP of Open Source Engineering at Aqua Security

Who is the Technical Oversight Committee? What do its members do? How do projects get picked for adoption into the CNCF? Let’s shine a light on this group who determine which projects are adopted by the CNCF, set the future direction of the cloud native landscape, and are even responsible for the definition of the term “cloud native.”

This talk discusses the pros & cons of a project’s participation in the CNCF from the perspective of end users, vendors, contributors, and maintainers. It covers the lifecycle for a CNCF project, including:

– why projects want to be in the CNCF – how the project adoption process works – the requirements that the CNCF has on projects at different phases of maturity

Attendees will leave this talk with insights into how the technical arm of the CNCF works, why it’s important, what the TOC wants to do next, and how they can get involved.

Register now!

  • KubeCon + CloudNativeCon EU Virtualの「The Beginners Guide to the CNCF TOC」セッションにスポットライトをあてている。スケジュール: 8/18(火) 16:57 - 17:13 CEST(Central European Summer Time)。
  • Liz Rice氏(VP of Open Source Engineering at Aqua Security/CNCF's TOC chair)によるCNCFのTOC(Technical Oversight Committee)を紹介し、CNCFへの参加の良い点、悪い点を様々な参加者の視点から解説していく様です。

ICYMI: CNCF Webinars

Weekly recap of CNCF member and project webinars that you might have missed.
You can view all CNCF recorded and upcoming webinars here.

CNCF Ambassador Webinar: Commoditise Kubernetes with cluster-api

Gianluca Arbezzano, Senior Staff Software Engineer @Packet

  • Packet社のGianluca Arbezzano氏(Senior Staff Software Engineer)による「Kubernetesをcluster-apiでコモディティ化しよう(拙訳)」と題して、ベアメタル上でcluster-apiを使ったデモと、解説をしているWebinar動画。
  • 開始20分ほどはスライド無しで、これまでのKubernetesの仕組み、背景を解説している。
CNCF Member Webinar: Best Practices for Running and Implementing Kubernetes

Kendall Miller, President @Fairwinds and Robert Brenna, Director of Open Source @Fairwinds

  • Fairwinds社のKendall Miller氏(President)、同社のRobert Brenna氏(Director of Open Source)による「Kubernetesを稼働/実装するベストプラクティス(拙訳)」と題して、Kubernetesを利用する上で考慮すべきこと、よくある落とし穴などを解説している。
  • 2人でスライドに沿って、解説/補足しながら進めていて良いなと思った。スライドは質問/投げ掛けを記載していて、アイデア/ベストプラクティスを出していくスタイル。
CNCF Member Webinar: 7 Critical Reasons for Kubernetes-Native Backup

Deepika Dixit, Member of Technical Staff @Kasten and Mark Severson, Member of Technical Staff @Kasten

  • Kasten社のDeepika Dixit氏(Member of Technical Staff)と、同社のMark Severson氏(Member of Technical Staff)による「7つのKubernetesネイティブなバックアップが重要な理由(拙訳)」と題して、CNCFプロジェクト(Kubernetes, kind, CSI)を利用したデモと、クラウドネイティブなバックアップ戦略と、その利点を解説している。
CNCF Member Webinar: Pivoting Your Pipeline from Legacy to Cloud Native

Nathan Martin, CEO @Sagecore Technologies and Tracy Ragan, CEO @DeployHub

  • Sagecore Technologies社のNathan Martin氏(CEO)と、DeployHub社のTracy Ragan(CEO)による「レガシーなパイプラインをクラウドネイティブに方向転換しよう(拙訳)」と題して、クラウドネイティブ、Kubernetesによって、モノリシックなアプローチからサービスベースのアプローチへの転換が必要になった経緯、対応方法を解説している。
  • スライドのタイトルは「Pivoting Your Pipeline for Microservices」でした。

The Technical

Tutorials, tools, and more that take you on a deep dive into the code.

ConfigMaps in Kubernetes: how they work and what you should remember

Flant staff

  • KubernetesでConfigMapがどう動き、覚えておくべきことを解説している記事。「すでにConfigMapを使われている方、またはアプリでの利用を準備中の方向けの、完全ガイドではなく、リマインダーとコツのリスト」であるとのこと。
Docker and Kubernetes — root vs. privileged

Bryant Hagadorn

  • UNIX系のMacOS、Linuxでのroot権限の操作と、Dockerの--privilegedフラグを比較/解説している記事。
Verify your Kubernetes Cluster Network Policies: From Faith to Proof

Jan Harrie

  • Kubernetesのネットワークポリシーを設定し、設定の有効性のテスト方法を検討し、実施/解説している記事。
Introducing Frigate: A documentation generation tool for Kubernetes Helm Charts

Jacob Tomlinson

  • Helmチャートのドキュメントを自動的に生成するツール「Frigate」を紹介している記事。
User-defined Webhooks in Puppet Relay with Knative and Ambassador API Gateway

Noah Fontes, Puppet

  • Ambassador社のブログにて、Puppet Relayにユーザー定義のWebhookをKnativeとAmbassador API Gatewayで設定する方法を解説している記事。
The Building Blocks of DX: K8s Evolution from CLI to GitOps

Katie Gamanji, American Express

  • クラスターDXの時系列に沿った進化に焦点を当て、Kubernetesの採用拡大に貢献したツールを紹介している。
Kubernetes Operator (GitHub)

This operator deletes stale feature branches in a Kubernetes cluster.

  • Kubernetesクラスター内の古い機能のブランチを削除するOperatorのGitHubページ。

The Editorial

Articles, announcements, and morethatgive you a high-level overview of challenges and features.

Mirantis and Docker Enterprise, with Adrian Ionel

Craig Box and Adam Glick, Kubernetes Podcast from Google

  • Google社社員によるKubernetes Podcast。現在のCo-hostはCraig Box氏とAdam Glick氏。

  • Mirantis社のAdrian Ionel氏(Co-founder and CEO)をゲストとして迎えている。

    • Mirantisの設立からの流れでエンプラへのOpenStackの導入(NASAの例など)、OpenStackの経験から見たKubernetesコミュニティー、そしてDocker Enterpriseの買収などについて語っています。
    • ホスト側でいい感じに質問用意していてスムーズでした。
    • OpenStackの経験から学んだことは?の問いに“robustness and simplicity is very important, that’s the key lesson we learnt”の一言が重い。Airshipプロジェクトも興味ある。
  • News of the weekで気になったトピックは以下の通り。ここの記事で既に取り上げらているニュースが多かった。

Introducing the Hewlett Packard Enterprise Ezmeral software portfolio

Kumar Sreekanti, Hewlett Packard Enterprise

  • HPE社のページにて、「Hewlett Packard Enterprise Ezmeral software portfolio」を紹介している記事。
  • 「Ezmeral」はスペイン語由来で、「エメラルド」を意味する。「エメラルドには、知性を強化し、将来の出来事を予測し、ストレスを和らげ、免疫力を高めるという神秘的な力がある」ので、同様に顧客をAIとデータ・ドリブンなイノベーションで手助けするイメージらしいです。
Building Cloud-Scale DBaaS with Kubernetes Operators

Benjamin Anderson, IBM Cloud Databases

  • IBM社のブログ。IBM Cloudでは、いくつかのDatabase-as-a-Service(DBaaS)製品をKubernetesの上で直接実行しいて、Operatorパターンに基づいてコントロールプレーンを構築している。
  • このアプローチ、その動機、およびその意味の理解のため、ステートフルサービスの歴史から解説している記事。
I Found A Painless Way To Manage Secrets In Google Kubernetes Engine

Merlin, Hacker Noon

  • OSSツールBerglasを使ったGKEのSecretを管理する方法を解説している記事。
Optimize the Kubernetes Developer Experience with Version 0

Richard Li, Ambassador

  • マイクロサービスが上手く機能しない場合があることを指摘し、開発者の経験を組織の開発ワークフローに統合するのに役立つ「Version 0戦略」を紹介している記事。
How Microservices facilitate Feature Teams’ work

Mia-Platform Team

  • featureチームとは何か、そしてマイクロサービスがその作業をどのように促進できるかを解説している記事。
  • チームにどういう名前、役割を与えるかは様々なアプローチがありますが、属人的になりがちな機能/サービス/組織などを横断する役割/視点を、チームとして明確に与えるのは大事だと思います。
Kubernetes static code analysis with Checkov

Jon Jozwiak, Bridgecrew

  • OSSのインフラ分析ツールである「Checkov」を紹介している記事。 Kubernetesマニフェストをスキャンし、Kubernetesワークロードのセキュリティーと構成の問題を特定する。
  • AWS、Azure、GCP向けのTerraformおよびCloudFormationのコードとしてのインフラセキュリティスキャンをカバーし、設定ミスをキャッチし、クラウドセキュリティーのベストプラクティスの維持を助ける。

Upcoming CNCF webinars

気になるWebinarがあれば登録してチェックを。以下は直近のものとしてリストされていたものです。

Member Webinar: Stay on top of ongoing Kubernetes security hygiene
Zohar Kaufman, Co-Founder and VP R&D @Portshift.io
Ariel Shuper, VP Product @Portshift.io
July 2, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Optimize your Kubernetes Clusters on Azure with Built-in Best Practices
Jorge Palma, Senior Program Manager @Microsoft
July 7, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: The Challenges and Countermeasures of Service Mesh Practice
裴斐 (Fei Pei), 网易 杭州研究院 云计算技术专家、架构师 @网易
This webinar will be delivered in Chinese.
July 8, 2020 10:00 AM China Standard Time
REGISTER NOW »

Project Webinar: What’s new in Linkerd 2.8 : Multi-cluster Kubernetes made simple and secure by default
Oliver Gould, Linkerd Project Lead, co-founder & CTO @Buoyant
July 8, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Building Production-ready Services with Kubernetes and Serverless Architectures
Mike Metral, Software Architect and Engineer @Pulumi
Jason (Jay) Smith, App Modernization Specialist @Google Cloud
July 8, 2020 1:00 PM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: 如何落地 Service Mesh – 从技术选型到实践
马若飞 FreeWheel 北京研发中心首席工程师 @FreeWheel
This webinar will be delivered in Chinese.
July 9, 2020 10:00 AM China Standard Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: The top 10 most-useful Kubernetes APIs for comprehensive cloud-native observability
Caleb Hailey, Co-founder and CEO @Sensu
July 9, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Securing and Accelerating the Kubernetes CNI Data Plane with Project Antrea and NVIDIA Mellanox ConnectX SmartNICs
Antonin Bas, Maintainer of Project Antrea and Staff Engineer @VMware**
Moshe Levi, Sr. Staff Engineer @NVIDIA*
July 14, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Serving Millions of Customers with Cloud Native and DevSecOps
Chris Hollies, CTO, Oracle Practice @Capgemini
Akshai Parthasarathy, Principal Director, Cloud Native and DevOps @Oracle Cloud
July 15, 2020 7:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Advancing image security and compliance through Container Image Encryption!
Brandon Lum, Senior Software Engineer @IBM
July 15, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Kubernetes and storage. Kubernetes for storage. An overview.
Kiran Mova, Chief Architect at MayaData and core maintainer of OpenEBS @MayaData
July 16, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Learn how to clean up your cloud-native “DevOps Dumping Ground”
Melissa Sussmann, Product Marketing Lead @Puppet
Kenaz Kwa Principal Product Manager @Puppet
July 17, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Kubernetes Security Anatomy and the Recently Disclosed CVEs
Gadi Naor, CTO & Co-Founder @Alcide
July 21, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Implementing Canary Releases on Kubernetes w/ Spinnaker, Istio, and Prometheus
Oleg Chunikhin, CTO @Kublr
July 22, 2020 1:00 PM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Observability of multi-party computation with OpenTelemetry
Antoine Toulme, Engineering Manager @Splunk
Dave McAllister, Sr. Technical Evangelist @Splunk
July 23, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Kubernetes Policies 101
Eran Leib, Founder, VP Product Management @Apolicy
Spenser Paul, Director of Sales, North America @DoiT International
July 28, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Cluster API – Yesterday, Today, Tomorrow
Saad Malik CTO & Co-Founder @Spectro Cloud
Jun Zhou Chief Architect @Spectro Cloud
July 30, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Project Webinar: How We Doubled System Read Throughput with Only 26 Lines of Code
TiKV team
July 31, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Project Webinar: How We Doubled System Read Throughput with Only 26 Lines of Code
TiKV team
July 31, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Project Webinar: Kubernetes 1.19
Kubernetes release team
Aug 28, 2020 10:00 AM Pacific Time
REGISTER NOW »

Member Webinar: Getting started with container runtime security using Falco
Loris Degioanni, CTO and Founder @Sysdig
Sept 2, 2020 1:00 PM Pacific Time
REGISTER NOW »

いかがでしたか?気になる記事や情報はありましたか?

私もまだ内容を咀嚼出来ていないものが多々ありますので、この備忘録兼リンク集を活用しながら理解を深めていきたいと思います。

では、また。

Bye now!!

Yoshiki Fujiwara